スポンサーリンク

シェアする

姿勢改善のためのトレーニング③ 上半身編

シリーズ「姿勢改善のためのトレーニング 上半身編」の③です。

今回は今まででもお伝えしてきた『猫背』『巻肩』『頭部前傾』といった姿勢不良の際に鍛えるとよい場所のトレーニングについてです。

今までご案内してきた『ボールYWA』『ウォールヘッドリーン』 と一緒に実施して頂くとよいエクササイズです。

腕立て伏せができますか?

あなたは腕立て伏せができますか?

特に女性の方は苦手な方が多いのではないでしょうか?

腕立て伏せの際に多く見受けられる”うまくいっていないフォーム”の特徴は
「肩が抜けた状態」です。
%e8%85%95%e7%ab%8b%e3%81%a6%e5%a4%b1%e6%95%97

この「肩が抜ける」原因となる筋肉が今回のターゲットです。

肩甲骨は安定したい

その筋肉とは「前鋸筋」(ぜんきょきん)という筋肉です。

前鋸筋は肩甲骨の内側の淵から肋骨(第1~9)についている筋肉です。

働きは、肩甲骨を脇腹の方に引き出したり、肩甲骨の下の角を上方に回旋させたり……

おっと、ややこしいですね…

簡単に言いますと、腕を頭上に持ち上げた時の肩甲骨の動きを作る筋肉です。 
※前鋸筋だけの仕事ではありませんが。

で、この「腕を頭上に持ち上げる動作」
日常生活では、あまりやらない動作だと述べてきた通りです。

さらに、腕が耳の横に来るほどの位置までは「皆無」に近いです…
というように「さぼっている」可能性大です。

また前鋸筋』は他の筋肉と協力して、肩甲骨を肋骨に貼り付け、安定させる役割もありますので、「肩周りの安定」にも大きく貢献しています。

肩が安定すると腕を使って、カラダを支えることができますので、

腕立て伏せや体幹トレーニングでお馴染みのプランクなどの
※うつ伏せで肘ついて、お腹持ち上げてキープするやつ
効果的なエクササイズがうまくできるようになります!

肩周りおススメエクササイズその③ ~チューブで簡単エクササイズ!~

という訳で「腕立て伏せ」をやることをおススメしますが、
今回は「腕立て伏せ」がまた無理!という方にもできるエクササイズです。

そんな『前鋸筋』を鍛えるおススメ簡単エクササイズがコレです!※前鋸筋以外も 

l-w%e2%91%a0 l-w%e2%91%a1

l-w%e2%91%a0%e6%a8%aa l-w%e2%91%a1%e6%a8%aa

『ボザー』とか『L、W』なんていうエクササイズです。

ゴムチューブのような負荷が必要になりますが、ホームセンターでも安く売っています。

コレは簡単且つ効果的ですのでおススメです。

だいたい15~20回を2~3セットくらいやってみてください!
※実施の際は肩甲骨を内側に寄せ気味にし、下に下げたまま実施して下さい。

背中は自分では見えませんが多くの方に見られています!是非お家でも。