スポンサーリンク

シェアする

良いトレーニング?悪いトレーニング?

石川県金沢市初の「動けるカラダづくり専門」パーソナルトレーニングスペースリークスの岡田です!

皆さんは「このトレーニングは良いトレーニングだ!」とか
「このトレーニングは悪いトレーニングだ!」って聞いたことありますか?

「スクワットは膝に負担がかかるから、やめた方が良い」

「腹筋は意味がないから、やらない方が良い」

「ヨガは柔軟性があがるからやった方が良い」

「ふくらはぎは”第2の心臓”って言われているから、トレーニング&ストレッチした方が良い」などなど。

[良いトレーニング]と[悪いトレーニング]

その基準とは何なのか?について。

目的と狙い

私個人としての結論を最初に述べますと、

『トレーニングに良い悪いもない』

と思っています。

正確に言いますと、

『トレーニングの種目自体に良い悪いは無い』

ということになります。

重要なのは、そのトレーニング種目を選んだ理由(目的)は何か?という事と、
そのトレーニングの狙いは何か?というのが大事かと。

継続できること

上記のことを例にあげますと、

例えば、片方の膝が痛いというクライアントへのトレーニングとして、
片脚でのスクワット(スプリットスクワット)を選んだとします。

その目的は、片脚スクワットを実施することで、軸となる脚側の股関節周りの筋群(主におしり)ともも前の筋肉の強化であり、

狙いは、両脚ではなく片脚で実施することで、バランスを取らないといけない状況下になるので、股関節周囲筋群や足部のセンサー(固有受容器という)が活発に働き、筋肉の反応や重心の感覚をよくするため。というのが考えられます。※すべての膝痛の方には当てはまらないかもしれません。一応例として…

さらに言えば、自体重トレーニングにもなりますので、

自宅でも、仕事場でも、ちょっとした空き時間でどこでも継続していけます。
しかも、二本脚でのスクワットよりも負荷が上がるため、強度もあがります。

種目やメソッド、ツールではない

このように「目的」と「狙い」があって、更に「継続性がある」というトレーニングが
その方にとって良い方向に向かう可能性があるのならば、そのトレーニングは

「良い(と思われる)トレーニング」になるのではないかと思います。

しかしながら、この「片脚トレーニング」がこのクライアントにとって

「難しすぎる」「フォームが安定しない」「きつ過ぎる」などの問題点があるのならば、
選択として「悪い(今やるべきでない)トレーニング」という風にも考えられます。

これは道具を使用するトレーニングや様々な考えに基づいたメソッドについても言えます。

最近は様々なメソッドやトレーニングツールが出ていますが、

「よく考えられています」

が、これも同様に「目的」「狙い」などが明確ではないと、

「これじゃなくてもいいんじゃね?」ってなります。

トレーニングにも流行り廃りがありますが、

「トレーニング種目や特定のメソッド、ツールを使用した種目は、その方の目的を効率よく達成、解消していくための手段であって、トレーニング方法自体に良し悪しはない」

と思っています。

という事を踏まえて考えてみると、

「トレーニングっておもしろくないですか?」

そう感じた方は、是非リークスまで!(笑)

動けるカラダが気になる!という方は、
まずは無料カウンセリングからお申込みください。

【リークス公式】LINE@はじめました!
友だち追加
ご予約・お問合せ・ご相談等はLINEからでもOKです!