スポンサーリンク

シェアする

ハムストリングスの重要性

石川県金沢市初の「動けるカラダづくり専門」パーソナルトレーニングスペースリークスの岡田です!

ももうらの筋肉(ハムストリングス)はとても重要です。

がしかし、多くの方がハムストリングスがうまく使えていません。

アクセルとブレーキ

人間の動きにとっての「アクセル」となる筋肉の一つに
ハムストリングスがあります。

歩行や走行など、体を前に進める時、このアクセル筋である
ハムストリングスが活動する必要があります。(脚を後ろに引く動作)

そして、その反対側にある筋肉である

「もも前(大腿四頭筋)」はスピードやバランス、方向転換などの調整を行うための
ブレーキ筋として活動していくことが理想です。

ですので、このアクセル筋を普段からうまく使えていないとなると、

「前に進めていない」
という事になります。

がしかし、殆どの方が(すべての方ですね汗)、歩く時

「前に進んでいます」

しかし、アクセル筋がうまく使えていないケースがとても多いと感じます。

ですので、ブレーキ筋がアクセルの役割も担っています。結果…

・歩くだけで(走ると)脚が太くなる
・スクワットやランジなどのトレーニングで過剰にもも前が発達する
・ハムストリングスの肉離れが起こる
・反張膝(反りかえった膝)になる ⇒ 膝痛の原因になる

などなどの症状、状態になります。

ハムストリングスを鍛えよう!

という訳で、リークスでも多くのクライアントの方に実施してもらっています、

「ハムストリングス・スイッチON!」トレーニング
として、おススメなのが、

バランスボールを使用した
「ボールレッグカール」です!
 

さらに余裕のある方は、片脚バージョンでやってみて下さい!

注:高出力になるため、痛めないように…

まずはハムストリングスのスイッチON!を促し、
そして、ハム・お尻・背中の『後ろ側グループ』をうまく使えるようになる。

これが「動けるカラダ」には必要です!

動けるカラダが気になる!という方は、
まずは無料カウンセリングからお申込みください。

【リークス公式】LINE@はじめました!
友だち追加
ご予約・お問合せ・ご相談等はLINEからでもOKです