こんにちは!トレーナーの岡田です。

皆さんは、自分のカラダをどれくらい把握していますか?

自分のどこが弱くて、どこが強いか?
またはどこが硬くて、どこが柔らかいか?
何が出来て、何が苦手か?

このような「自分のカラダの特徴」をまずはザックリでも確認しておく方が良いと思います。

万歳できますか?

僕のクライアントの多くに
「肩の伸展可動域不全」が見られます。

腕はカラダの横から伸展(縦に動かす)にしても外転(横に広げる)にしても
耳の高さまで(伸展、外転180°)挙がらなければいけません。

特に伸展動作での可動域不全が見られる場合、日常生活やスポーツ活動時にも多く使われる動作だけに、
代償運動を頻繁に起こしてしまい、パフォーマンスの低下はもちろん、痛みの誘発にもつながります。

あなたは、

『万歳できますか?』(伸展180°、外転120°)
※喜べますか?という意味ではなく(笑)

万歳できない理由

この万歳ができない、もしくはきれいに出来ないという方(きれいにというのは腰を反らさずに)の理由はいくつか考えられます。

1つは、
【胸椎の伸展可動域制限がある場合】

1つは、
【胸の筋肉が異常に硬い場合】

1つは、
【腰の反りが激しい場合】

そして、上記すべてに伴う問題として
【肩甲骨の動きが出にくい】という問題があります。

で、このようなどれかの理由によって問題が出やすいのは、

①姿勢不良(主に猫背タイプ)による肩こり、腰痛
②腕の挙上動作時の代償動作(腰椎過伸展)による腰痛
③腕の骨、肩甲骨のポジションが悪いことによる肩こりや腕のしびれなどの症状

そしてスポーツの場面では、

①ジャンプのパフォーマンス低下
②視野の狭さ
③踏ん張りの弱さ
④バランス不良

などが考えられます。

もし、現状「万歳ができない」という方は自分がどのタイプの理由なのかをある程度は理解しておくことで、
トレーニングやストレッチ、日常生活での予防などができます。

どのタイプかを知るには、色々とチェックしていく必要があります。


オーバーヘッドスクワット:これができるかどうかもチェックの一つ

それについては文章では長く、そして難しくなりますので割愛しますが、
『万歳できない理由』を知りたい。という方は是非お近くの機能改善系トレーナーにご相談してみてください。
※落ち込んでて万歳できないという方は、友達もしくはご家族にご相談を…(笑)

 

【編集後記】

最近はラグビーの話ばかりですが、

オールブラックスのハカを見ると、鳥肌が立ちます。

カッコよすぎ。

 

もっと詳しい説明を聞きたい!実際に動いてみたい!動けるカラダが気になる!という方、
まずは無料カウンセリングからお申込みください。
PersonalTrainingSpaceReex[リークス]ホームページ
Youtubeでもトレーニングなどのご紹介をしています!是非ご覧ください!
Oka Channel「動けるカラダづくり」

【リークス公式アカウント】LINE@はこちらから!➡LINEのID検索に【@wfx6199p】を入力してください。
ご予約・お問合せ・ご相談等はLINEからでもホームページからでもOKです!