こんにちは!トレーナーの岡田です。

今月末に外部トレーニング指導をさせて頂いているところで、久々に
「ピラティス」をご案内することになったので、現在その簡単な資料作りもしているのですが、

改めて、

『ピラティスっていいわ~』って思いました。

何が良いかと言えば、いわゆる

『ピラティス言語』とでも言いますか、ピラティスのコンセプトを説明する時に使われる言葉達です。

ここに【トレーニングの本質】があると。

心の5つのパート

僕がその昔習った「ピラティス」の教本には、
『心の5つパート』というのが載ってありまして、

それは『知識』『記憶』『想像』『直観』『意志と欲求』という5つになります。

これをまとめて簡単に説明すると、

ピラティス(トレーニング)は何をやっているか理解していないと意味ねぇーから、ある程度は(身体に関する)知識を持ってた方がいいよ。
で、動きやフォームってのは身体で記憶できるくらい、何度も何度も反復していく必要があるし、
それは筋肉のイメージ、動きのイメージをしっかりと持つことでより強力になるね。

そういうことを意識してやっていると、「ピラティス(トレーニング)の狙いは…」とか「ピラティス(トレーニング)って…」とか「ピラティス(トレーニング)とは…」といったような、『ピラティス(トレーニング)の本質』を理解することになるから、

「ピラティス(トレーニング)って簡単じゃないし、楽して効果も得られない。ましてや短期間でも無理。そんでもって辛いし、キツイし、面白くない。でも、ちゃんとやれば変わるし変えたい!だから頑張る!」ってな気持ちになるよね。

ということです。(僕はそう解釈しています笑)

これって、ピラティスに限ったことではなく、トレーニング全般に言える”真実”ですよね。

こんなことを100年以上まえからずっと言い続けていたピラティスって…素晴らしい!

直観=本質をとらえること

その「心の5つのパート」の中にも含まれる
『直観』という言葉。

最初にコレを見た時、

「直観って直感の間違いじゃね?」と思ったのを今でも覚えています。

【直感】感覚によって物事をとらえること。
コレってなんだかピラティスに必要っぽいなぁ~と勝手に感じていたので。

でその時、一応この『直観』という言葉も調べておこうと思って調べたら、

【直観】推理によらず、直接的に、瞬間的に物事の本質をとらえること。
となっていました。なるほどーと。

実際の何かがはっきりと見えているわけではない”肌感覚的な”直感と、
物事の本質を見抜いて、真実をはっきりと見て取る”視覚に分類される認識”である直観。

「ピラティス(トレーニング)とはこういうものだ」

という”本質を見抜く力”が必要(養われる)という意味でこの『直観』を使ったのかと。深いぜピラティス(笑)

 

ピラティスは今現在のトレーニングの主流でもある、

「パフォーマンスピラミッドに基づいたトレーニング計画」
「ファンクショナルなトレーニングの必要性」(だからと言ってファンクショナルvsストレングスという不毛なことではない)
のフィロソフィー(哲学)と同じだと僕は思っており、これは、

「楽して○○」とか「疲れたらマッサージに行けばいい」「疲れた時はエナジードリンク!」
「ただ痩せれればいい!」「ただ筋肉が付けばいい!」

といったような安直な考えとは、一線を画する考えになります。

 

「真実はつまらない」「正しいことは伝わりにくい」

そんな風に感じる我々人間ですが、何事においても
『直観』を大事に生きていこう!やっぱりこれって大事ですね。

 

【編集後記】

年末までにお家のプチDIYを計画中

今の家に移り住んでもう10年以上経ちますが、
今だ手つかずのスペースが沢山…

もう少し時間の使い方を変えていきたいなーと

自分なりの「働き方改革」を

 

もっと詳しい説明を聞きたい!実際に動いてみたい!動けるカラダが気になる!という方、
まずは無料カウンセリングからお申込みください。
PersonalTrainingSpaceReex[リークス]ホームページ
Youtubeでもトレーニングなどのご紹介をしています!是非ご覧ください!
Oka Channel「動けるカラダづくり」

【リークス公式アカウント】LINE@はこちらから!➡LINEのID検索に【@wfx6199p】を入力してください。
ご予約・お問合せ・ご相談等はLINEからでもホームページからでもOKです!