石川県金沢市初の「動けるカラダづくり専門」パーソナルトレーニングスペースリークスの岡田です!

暖かかったり寒かったりと、まだまだ体調管理の意識が必要ですね。

天気が良くて気分が良い日なんかは、軽快に、颯爽にカラダを動かしたくなりますよね。

そんな「気持ちよーくカラダを動かす上で大切なこと」とは?について。

コンセトリックとエキセントリック

筋肉の活動様式というのは3つあります。

簡単に言いますと、「筋肉の使い方(動かし方)」です。
カラダを動かす上でこの「筋肉の使い方」が大切になりますので、これまた簡単に説明しますと、

①アイソトニック筋収縮(等張性筋収縮)
②アイソメトリック筋収縮(等尺性筋収縮)
③アイソキネティック筋収縮(等速性筋収縮)

という3つの活動様式があります。

①は重りを持ち上げたり、降ろしたりする時の筋肉の使い方。
②は重りを支えている時の筋肉の使い方。
③は水泳などの水の中で受ける水の抵抗に対する筋肉の使い方など。

といった感じです。

で、②、③は置いといて(特に③は置いといて…)①について更にいうなれば、

①-1 重りを上げる時の筋肉の使い方はコンセントリック(短縮性)筋収縮
①-2 重りを降ろす時の筋肉の使い方はエキセントリック(伸張性)筋収縮

にわかれます。いわゆる、

①-1 『グッ!』と力を入れるような動きと、(飛び上がる時の力)
①-2 『ンッ~!』と耐えながら動いているような感じ(着地時の受け止める力)
です。

筋肉はゴムのイメージで

「気持ちよーくカラダを動かす上で大切なこと」として、先に述べた「筋肉の使い方」の中でも

①-2 エキセントリック筋収縮
的な使い方がもっとも大事になります。

この「エキセントリックな筋肉の使い方」で『ンッ~!』みたいに耐えている感じと表現しましたが、
もっと違うイメージで表現するとすれば、

『ゴムをビヨ~ンと伸ばして…』
みたいなこととも言えます。

カラダを動かす上で大切なのはこの『筋肉はゴム』というイメージです。

伸びたら縮む

ゴムは伸ばされた時、『弾性エネルギー』が発生します。

このエネルギーを使ってカラダをうまく動かすことが出来れば、楽に動くことができます。

「伸びたら縮む」
この連続技=動作です。

軽快に、颯爽に動く場合、その関節を動かすための筋肉にしっかりとストレッチをかけ
そしてその伸ばされた筋肉に発生した「弾性エネルギー」を利用して動いていくと楽に動けます。

足を引きずるようにダラダラと歩く動作は、関節周りの筋肉にストレッチをかけることができないため、
「よっこらしょッ」ってな感じの筋肉の使い方になりしんどい動作になります。

という訳で、『気持ちよーくカラダを動かす上で大切なこと』それは…

『動きの中でストレッチ(Stretch)をかけること』です。

リークスで行うトレーニングの最終的な目標の一つにこの項目のトレーニングがあります。

詳しくは過去の同内容のブログも見てみてください↓
筋肉はゴム 体の機能のゴールとは? ブレーキ力と使い方 パワートレーニングの必要性

動けるカラダが気になる!という方、
まずは無料カウンセリングからお申込みください。

【リークス公式】LINE@はこちらから!友だち追加
ご予約・お問合せ・ご相談等はLINEからでもホームページからでもOKです!