こんにちは!トレーナーの岡田です。

7月に入りましたね。2019年も半分が終わり、折り返しがスタートしました。

この半年を振り返ってみると、年頭の目標に対して「出来ていること」「出来なかったこと」は半々くらいです。

「出来なかったこと」の半分はまだこれから先もありますので、出来る部分もありますが、時期的な問題もありますし、
継続的に実施することでの意味もありますので、その辺りは反省も踏まえ、新たな目標に変化をしていきながら来年以降につなげていこうかと思います。

振り返ってみて感じたことは、「予測できないこと」も多々あったということ。

いい意味で「予想外」悪い意味で「予想外」な出来事がこの半年でもありました。

あらためて、なかなか予定通りには行かないけれど、ある程度行きたい方向に光を照らしておく必要はあるなーと
この半年の振り返りで感じましたね。

正直わからない

って、今回のブログが終わるような感じでしたが(笑)今からが本題です。

「人生って予測が出来ない」ということと同じように、
「トレーニングの成果も予測が出来ない」と言えます。こと「動き」に関しては。

体型の変化に関しては「2ヶ月後に-○○kg!」という謳い文句があるように
やるべきことをしっかりやれば「(ある程度)予測できる未来」が言えますが、

「動きの改善」に関しては、「いつ頃よくなるか?」というのは、

正直わかりません…

正しい方向性を照らす

「いつ良くなるかわからないもの」を続けていくのは、一般的に言えば、
「意味のないこと」という認識かもしれません。

ビジネス的に見ても「成果保証」「成功事例」「お客様の声」的なものがある方が、
購買心理的に良いのもわかります。
(ちなみにリークスでも『カスタマーボイス』としてお声を頂いておりますが、これは「成果」というより、「理解」に対してのお声という感じです。)

がしかし、「正直わからない」のです。「いつ頃、どれくらいやれば成果がでるのか」なんてのは。

ただ、これだけは確実に言えることは、

「意味がなくはない」ということ。
もっと詳しく言うならば、

「向かっている方向性が全く見当違いでなければ、意味がなくはない」ということです。

自分のウィークポイントを理解し、その解消法を理解し、イメージすることが出来れば、
すなわち【向かうべき方向性を照らすこと】が出来ているなら、

やる意味、やる価値は十分にあります。

『継続できる術』を探す旅に出れていることが最大の成果

という感じで、2019年の半年を振り返るところから、フッと思いついたことをブログに綴った訳ですが、

何事においても

「まず実行」そして「検証」し、「改善して実行」というこの「継続」のサイクルが必要ですね。
とにかく「継続的に実行する」ことで、何かが見えてくると。

良いことも悪いことも「長年やってみることで見えてくる」ことが、特にカラダの問題に関しては多いなぁーと思います。

よく動きのトレーニングで言われていることで、

「動きのトレーニングなどに関しては、ちょっとだけ習って、ちょっとの期間だけの実行では、そのトレーニングの意図をはき違えてしまい、逆効果になる可能性も多々ある」

ということがあります。

人生においても、ビジネスにおいても、もちろんトレーニングにおいても

『継続できる術』
を見つける旅に出ることができていれば良いのかなーと思いました。

だっていつ結果が出るかなんて「正直わからない」ので。

『プロセス』に価値を見出そう!ってな感じです。

 

【編集後記】

お盆休暇での実家帰省に向けて、ドライブレコーダーを購入しました。

ミラー型のものにしたのですが、なかなかカッコいいです。

配線処理に一苦労しましたが、何とか出来ました。

が、一応車屋さんに確認してもらおっかなーと思ってます。

 

もっと詳しい説明を聞きたい!実際に動いてみたい!動けるカラダが気になる!という方、
まずは無料カウンセリングからお申込みください。

PersonalTrainingSpaceReex[リークス]ホームページ

Youtubeでもトレーニングなどのご紹介をしています!是非ご覧ください!
Oka Channel「動けるカラダづくり」

【リークス公式】LINE@はこちらから!友だち追加
ご予約・お問合せ・ご相談等はLINEからでもホームページからでもOKです!