石川県金沢市初の「動けるカラダづくり専門」パーソナルトレーニングスペースリークスの岡田です!

肩こりや腰痛、ひざ痛などの痛みや、疲れなどに日頃から悩まされている方、多いですね…

「とりあえず休息」
という考えも大事と言えば大事ですが、僕が多くの方におススメしているのは

「積極的休養」です。

では「積極的休養」とはどんなことか?

簡単に言えば、「軽い運動」です。

痛みや疲労などの原因の多くは「タイト(拘縮)になった筋・筋膜などによる痛み、そして血流不足になることでの疲労」が多いと思っています。

という訳で、休日に、そして合間時間に簡単にできる「軽い運動」の代表格
「簡単にできるストレッチ」をご案内します!

やれば必ず変わるもの

トレーニングの中で、やれば必ず変わるものの中に

「ストレッチ」があります。

特に簡単なものが”スタティックストレッチ”です。

スタティックというのは「静的な」という意味合いですので、ゆっくりと静かにリラックスして行うストレッチになります。
一般的に思い浮かべるストレッチの多くが「スタティックストレッチ」になるかと思います。

最初にも書きましたが、身体が痛みを感じるものの中の多くが、「筋肉の拘縮(タイト)による痛み」です。
拘縮した筋肉は緊張しておりますので、血流不足を起こしやすく、神経的にも過敏になりがちです。

このような「筋の過緊張状態」を抑えるのに”スタティックストレッチ”が有効的です。

そんなに単純じゃないからこそ…

僕はトレーナーという仕事をしておりますが、トレーニング指導以外は、
このブログを書いたりと、パソコン作業も沢山やっています。

ただ、良くも悪くも普段からデスクワーク中心の方よりも、作業効率も姿勢も慣れていないので、
すぐ疲れます…

そんな時、よくストレッチを入れます。

根本的な改善を目指す場合はストレッチだけでは足りないこともありますが、
とりあえずはその場の対処療法的にストレッチは使えます。

人間のカラダは一つの筋肉だけで動くことはありません。
「運動連鎖」と言って、筋肉同士が筋膜のつながりによって共同作業をしながら動いています。

そういった意味でも、筋肉単体をトレーニング、ストレッチをかけても、症状がうまく改善しない場合もあります。

ただ逆に言えば、何かに固定された状態で行うトレーニング以外は、単体の部位をトレーニングしていても
勝手に連鎖的なトレーニングになっています。(連鎖を強く意識したやり方はありますが)

ですので、肩こりであっても下半身、ひざ痛であっても上半身のストレッチやトレーニングをすることに意味があったりもします。(もちろん原因として考えられるなら)

「ピンポイントで効果を出せるものがいい!」

と思うのは当たり前ですが、人間のカラダはそんな単純じゃないのです。

単純じゃないからこそ、まずは簡単で全身的なセルフのスタティックストレッチからやってください。

動画でご案内

姿勢リセット、痛みの改善などに効果的なストレッチ方法は今回ご案内する
「スタティックストレッチ」以外にも、もっと「アクティブなストレッチ」などもありますので、

様々なストレッチをミックスした「ストレッチトレーニング」がもっとも効果的だと思っていますが、
まずは簡単なところからできる「スタティックストレッチ」を自宅や出先でやることをおススメします!

この動画は「公園で出来る簡単トレーニング」というシリーズで、ランニングやウォーキング後におススメとしておりますが、
よくある一般的なストレッチですので、デスクワーク後にでも問題ありません!(ちょっと上半身少なめですが…汗)

では、ちょっとした合間にでも是非どうぞ!

情報だけでは、結局なかなかやらない(汗)、やってみてもうまくストレッチがかけれない…(涙)という方、
是非一度ご体験ください!↓

もっと詳しい説明を聞きたい!実際に動いてみたい!動けるカラダが気になる!という方、
まずは無料カウンセリングからお申込みください。

【リークス公式】LINE@はこちらから!友だち追加
ご予約・お問合せ・ご相談等はLINEからでもホームページからでもOKです!